建築基準法第12条「定期報告制度」 特定建築物(特殊建築物)調査、建築設備・防火設備検査のことなら

カテゴリー: #資格者向け

カテゴリ一 記事一覧

民泊と非常用照明の設置

「民泊向け」後付できる非常用照明器具

訪日外国人が増加する中、2014年にAirbnb(エアビーアンドビー)が日本でもサービスを開始しました。シェアリングエコノミーの代表格といえるAirbnbは、宿泊スペースを貸したい「ホスト」と、宿泊ス

調査道具-外壁打診風景

プロの調査・検査道具

特定建築物の定期調査や建築設備の定期検査を行う上で、必要となる測定機器やあると便利な道具類があります。 これから定期報告業務をされる資格者の方はもちろん、日々の建物管理で点検される場合にも参考にして頂

機械換気設備の換気量測定〈火気使用室〉

ガス機器や石油燃焼機器がある火気使用室における換気設備については、排気筒などの自然換気設備の場合や、換気扇、排気フード等の機械換気設備の場合など、換気のパターンがいくつかあります。ここでは、厨房や給湯

火気使用室(燃焼機器を使用する調理室等)

火気使用室とは 火気使用室とは、「換気設備を設けるべき調理室等」のことで、つまりガス機器や石油燃焼機器を使用する調理室等を指します。一般的に厨房や給湯室などの部屋が、定期検査の対象になります。こういっ

機械換気設備の換気量測定〈無窓の居室〉

必要換気量の算出 無窓の居室や劇場等の居室の換気量測定検査では、まず「必要換気量」を確かめなければなりません。確認申請等に添付されている設計図書には、機器の定格風量や設計風量、必要換気量、居室の床面積

無窓の居室

無窓の居室(換気上有効な窓がない居室)

「無窓の居室」にあたるかどうかの判断 まず居室に「換気上有効な窓」があるかどうか、図面及び現地で確認します。 ここで言う「居室」とは、住居・執務・作業・集会・娯楽その他これに類する目的の為に、継続的に