建築基準法第12条「定期報告制度」 特定建築物(特殊建築物)調査、建築設備・防火設備検査のことなら

最新記事

26ー京都の定期報告

京都府の定期報告において、報告先となる特定行政庁は、京都市、宇治市、その他の市町村は京都府となります。 ※京都府が管轄する市町村については、こちらをご覧ください 京都市 対象となる建築物 定期報告の対

23ー愛知の定期報告

愛知県の定期報告において、報告先となる特定行政庁は、名古屋市、豊橋市、岡崎市、一宮市、春日井市、豊田市、その他の市町村は愛知県となります。 ※愛知県が管轄する市町村については以下をご参考下さい。 ■尾

13ー東京の定期報告

東京都の定期報告において、特定行政庁は23特別区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、荒川区、北区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、板橋区、練馬区、墨田区

27ー大阪の定期報告

大阪府の定期報告において、特定行政庁は「大阪市、豊中市、堺市、東大阪市、吹田市、高槻市、守口市、枚方市、八尾市、寝屋川市、茨木市、岸和田市、箕面市、門真市、池田市、和泉市、羽曳野市」と、それ以外の市町

01ー北海道の定期報告

北海道の定期報告において、報告書を提出先となる特定行政庁は「札幌市、函館市、小樽市、釧路市、苫小牧市、室蘭市、旭川市、帯広市、北見市、江別市」と、それ以外の市町村を担当する「北海道」となります。 北海

定期報告の罰則とは

定期報告の罰則とは? 100万円以下の罰金 特定建築物の調査報告、建築設備・防火設備の検査報告において、気になるのが罰則についてです。「報告しなくてもたぶん大丈夫だろう」「悪いことは表に出したくないの

防火設備の定期検査とは

建築基準法第12条で定められています「定期報告制度」には、主に3種類の報告内容があります。 1.特定建築物 2.建築設備 3.防火設備(平成28年6月施行の法改正で新設) 本記事は、3.の「防火設備」

建築設備の定期検査とは

建築基準法第12条で定められています「定期報告制度」には、主に3種類の報告内容があります。 1.特定建築物 2.建築設備 3.防火設備(平成28年6月施行の法改正で新設) 本記事は、2.の「建築設備」

特定建築物の定期調査とは

建築基準法第12条で定められています「定期報告制度」には、主に3種類の報告内容があります。 1.特定建築物 2.建築設備 3.防火設備(平成28年6月施行の法改正で新設) 本記事は、1.の「特定建築物

プロの調査・検査道具

特定建築物の定期調査や建築設備の定期検査を行う上で、必要となる測定機器やあると便利な道具類があります。 これから定期報告業務をされる資格者の方はもちろん、日々の建物管理で点検される場合にも参考にして頂